最近見た映画のあらすじと感想とあとひと言

私が最近見た映画の中でも特に印象に残っている1本は、「トワイライト ささらさや」です。

2014年の11月8日に劇場公開された、深川栄洋監督によるヒューマンドラマになっております。

もとになっているのは加納朋子によるファンタジー小説になり、原作とは異なるキャラクター設定やストーリー展開によって映像化されている作品になります。

突然の交通事故によって大切な人を失ってしまった主人公のサヤの周りで、次々と巻き起こっていく不思議な体験が映し出されていきます。

いつまでも成仏することが出来ない彼女の夫・優太郎が、多くの人たちの身体に乗り移って出現する様子が感動的なストーリーになります。

生き残った者と死者との奇妙な繋がりからは、如何にして限られている人生を生きるのか考えさせられます。

肉親を失って孤独に生きてきたヒロインのサヤを、新垣結衣が多彩な表情で表現していました。

喪服を身に付けてお葬式で陰のある表情を浮かべているサヤにも、妙に色っぽいムードが漂っていました。

この世に未練を残して成仏出来することのできない優太郎の役には、大泉洋のコミカルなイメージがぴったりとはまっていました。

石橋凌扮する無理解な義父によって、サヤが愛する我が子と引き離されそうになってしまうシーンには胸が痛みました。

心機一転遠く離れた場所へと息子を連れて旅立ち、叔母の残した一軒家で生活を始めるのが印象深かったです。

たったひとりで寄る辺のなさを感じていた彼女が、シングルマザーや配偶者と死別した年配の女性をはじめとする同じ痛みを分かち合える仲間を見つけていく瞬間を上手く捉えていました。

青空うれしや古今亭菊志んなどの、実在する芸人さんたちがさりげないカメオ出演を披露しているシーンが見所です。

優太朗が落語家を目指すきっかけとなったエピソードが良かったです。冷酷非情の固まりのようだった優太郎の父親が、舞台で落語を聞いているときにだけ息子に見せた優しい表情には心温まるものがありました。

リアリティー溢れるタッチで再現されていく演目のシーンからは、真打ちを目指す若き落語家たちの情熱が伝わってきました。

人間の生き死にでさえ芸のネタへと変えてしまうポジティブさと、何処までも純真無垢なお笑いへの憧れには胸を打たれました。

寄席や落語を始めとする、昔ながらのエンターテイメントに造詣の深い方にはお勧めな作品になります。

友人とのお茶会でテレビドラマを見て感情が高ぶりました

先日、友人宅で「おもしろいよ!」と勧められて、マーマレードと紅茶のお供に友人が録画したドラマを友人と一緒に見ました。友人はすでに見ているドラマなのに、面白から何度でも見れると言って、私に付き合ってくれました。

二人でワイワイ楽しみながら見たドラマは「あなたには帰る家がある」というドラマでした。メインの俳優さんと女優さん全部、私の好きな人達だったので、嬉しかったです。

自分の好きな演者さんが出るのに、こんなドラマがあったとは気が付きませんでした。今後はテレビドラマにもうちょっと入り込もうと思いました。

というのも、このドラマ、友人が言うように面白かったからです。私の好きな、中谷美紀さん、玉木宏さん、ユースケ・サンタマリアさん、木村多江さんの4人がそれぞれいい味を出しているのです。さすが、名俳優さん達だなあと思いました。

でも、この4人の誰にも感情移入がなかなかできないのが自分としてはちょっと不思議でした。まずは、ユースケ・サンタマリアさんは、バラエティ番組では楽しい人なのに、このドラマでは、嫌なおっさんでした。

奥さんにも酷いし、世間の人にも失礼な人だったのです。そして、玉木宏さんは、挙動不審のW不倫夫でした。

玉木さんは、イケメンだし、かっこいい役が似合うのに、こんなダメ男を上手に演じてしまうところに彼の演技力を感じました。そして、不気味で図々しいW不倫女の木村多江さん、ものすごく、怖いです。

木村多江さんに狙われたら、家庭がボロボロになりそうなのは頷けると玉木さんの奥さん役をやっている中谷美紀さんが気の毒になりました。一番、このドラマで応援したいのは、中谷美紀さんが演じる主婦です。

ちょっと、性格がきついし、夫役の玉木さんに文句ばっかり言っている感じが好感もてませんが、木村多江さん演じる主婦に夫を奪われて、傷つく様子はものすごくリアルで胸が痛くなりました。

中谷美紀さんの本気の泣きの演技に自分も泣いてしまいそうでした。夫に不倫されたら、辛いだろうなあと痛感しました。

あっという間に、友人とのお茶会の時間が終わり、子供が学校から帰って来る時間になったので、帰宅しました。友人はまた、続きをみながらお茶しようねと言ってくれたので、次のお茶会が楽しみです。

夢に出てきた見知らぬ男性の名前と顔を覚えてるんですけど。

夢の始まりはあまり覚えていませんが、何やらパソコンが沢山あって、そのうちの一つのブースでなんか、誰かお偉いさんの説明を受けていて、くれぐれも壊さない様にと説明されていた後、たこ足配線に繋がれていた自分の携帯の充電コードか何かを抜いたらプツッとパソコンの動きが止まってしまったんですよね。

ヤバイけど、大したことでも無さそうだし、誰かに言おうと思ったら、知ってる先生が通って、あれ誰だっっけ?
あっ!

「小森先生!!」(そんな人現実の私の周りにはいません)

と叫んでいました。

この方は、夢の感じでは、自分の先生でも娘の担任でもありません。なんか私が所属しているママさんバレーにも小学校の先生が参加するので、そう言った感じで知り合った先生といった間柄かと思われます。学校の先生として見てない感じ。

先生のところまで行って、訳を話すと快諾して見に来てくれる事に。移動途中、私は先生のライトダウンくらいの厚さの上着の背中に抱きついていました。身長は180位かな。

直してもらっている間も楽しくおしゃべり。

私もちょっと気があって、ちょっと恋愛ゲームモードになっている自分を実感している感じでした。気になる小森先生の見た目は、あさひが丘の大統領!の主人公!(幼かったため物語は全然覚えていませんが、青春モノです)

そう、あの、誰だっけ?ググって発覚しました。「ゆうひが丘の総理大臣」の主人公の間違いでした。

中村雅俊さんです。
あさひが丘は全然違う人でした。

あんな人全然タイプじゃなかったのにな。何で出て来た?
今の中村雅俊さんではないですね。でも総理大臣の頃の顔なのか?ドンピシャ世代で見ていたわけではないのにな。覚えてたのかな。
YouTubeで見直したいと思います。

中村雅俊のタレ目
身長は180センチ

この2つのキーワードが私にこの夢を見させたのかな。

まず、タレ目は、昨日、愛聴しているポッドキャストの「ボイス、そこまで言うか」のゲストが青山繁晴さんだったんですけど、彼が自分の事をタレ目といっていたんですよね。

彼の話は分かりやすいし、考え方も納得できて、本当の事を言ってる人って感じがするんですよね。

賛否両論あると思いますが。関西人というところはタイプだけど、タレ目かぁ?と少し考えたんですよね。

180センチは、「くるねこ大和」という漫画で、くるねこさんが、保護した猫がどんな人間にも懐くか何人かでテストした時に180センチの男の人が出て来て、娘が「すごっ!」って言ったのでママの次兄もそのぐらいの高さだぞって話を寝る前に漫画を読んであげながらお話していたんですよね。

久しぶりに夢を覚えていたし、名前と顔が知らない人が出て来たので面白かったです。恋愛感情は枯れてるハズなのにこんな夢見るなんて私もまだ女が残ってるのかな。

いっても無駄なことが明らかなイメージなのです

最近、テレビでお年寄りを金銭的な被害にあったという残念なニュースが流れています。そこで、思うのは、お年寄りではなくても、身近なところで、これって、どうなのと思う事があるのです。

例えば、必要になって洋服を買いに行ったのです。デザインもそうはないので、しかも、そこまでオシャレにするという気持ちもなくなり、着られればいいというたぐいのレベルで出かけたのです。

それでも、お店の方に伺わなくてはいけないこと、つまりサイズの問題とお直しの問題が有り、お店の方に対応していただくことにしたのです。そこで、たまたま、二十代前半の女性が付いてくださいました。決して、ブスでも美しくもない、どちらかというとちゃら系の肩のような気がします。

お洋服は安くもないので、サイズを二つ試さしてみようと思いました。さらに、デザインも二つくらいは念頭においています。十分ぐらいは、考えました。

すると、後から着たご家族の二十代の息子さんを連れて、スーツを選び出したのです。そこで、また、お店の別の方が対応につきました。決して、混み合うようなお店ではないのです。ただし、サイズというのがあるので、お店の人が対応することが多い接客スタイルです。

試着室に行き、サイズを迷って、いると、そのお店の方は、直ぐに前のものをしまってしまうのです。つまり、接客について知らないのです。人は、一度、試着すればわかると、自己本位の考えで対応しているのでしょう。私などは、結構迷うのです。普段着でもなかったので、という理由です。普段着であれば、お店の方に相談することもないのですが。

すると、三十代ぐらいのサラリーマンが来て、対応しているお店の人に話しかけたのです。お店の人もほかの人を呼びません。こちらは試着室で、待たされるのです。イラっとしましたね。ただし、そのお店の人にいったところで通じることはないのです。のれんに腕押し。そこで、サラリーマンに忖度白的なサインを送ったのです。